1362 野の花アザミ 連想する言葉は「ありがとう」

画像
道のわきに紫色のアザミの花が咲いている。何気なく通り過ぎていたが、かなり以前から咲いていた。俳句では「薊」が春、「夏薊」が夏の季語になっており、アザミの花期が長いことがうかがえる。種類が多く(世界で約250種、日本では70~80種)、春から秋にかけて花が咲いているそうだから、散歩途中に目を楽しませてくれる野の花といえよう。

アザミといえば、3月で終わったNHKの連続ドラマ「マッサン」のモデル、竹鶴政孝がウイスキー修業をしたスコットランドの「国花」はこの花である。スコットランドが所属するイギリスは正式国名を「グレートブリテン及び北アイルランド連合王国」というように、それぞれの地域で「国花」があるようだ。イングランドはテューダー・ローズ(紅白のバラを統合した架空の花)、北アイルランドはシャムロック(マメ科のクローバー)だそうだ。

スコットランドで、なぜアザミが国花になったのだろうか。こんな言い伝えがあるという。

「1263年当時、22歳の若き王、アレグザンダー3世率いるスコットランドはノルウェーと戦っていた。その戦いでノルウェー軍は夜襲を仕掛けた。足音を立てないよう裸足になって暗闇を進む中、兵士がアザミの棘を踏んで叫び声を上げてしまった。それを聞いてスコットランド軍が夜襲に気付き、ノルウェー軍を追い払うことができた」

これが事実かどうかはわからない。ただ、1263年にスコットランド軍はノルウェーと戦い西部クライド湾でノルウェー王ホーコン4世を討ち破ったことは歴史的事実である。そうしたことがあってアザミがスコットランドの標章・国花になったとすれば、スコットランドにとってアザミは記念すべき花といえる。アザミの花は可憐だが、バラと同様、棘があるから要注意である。

夭折した詩人、立原道造(1914~39)。彼の詩にもアザミに寄せた詩がある「薊のすきな子に」である。

 I 憩らひ
―薊のすきな子に―

風は 或るとき流れて行つた
絵のやうな うすい緑のなかを、
ひとつのたつたひとつの人の言葉を
はこんで行くと 人は誰でもうけとつた

ありがたうと ほほゑみながら。
開きかけた花のあひだに
色をかへない青い空に
鐘の歌に溢れ 風は澄んでゐた、

気づかはしげな恥らひが、
そのまはりを かろい翼で
にほひながら 羽ばたいてゐた……

何もかも あやまちはなかつた
みな 猟人(かりうど)も盗人もゐなかつた
ひろい風と光の万物の世界であつた。

今度、アザミの花を見かけたら「ありがとう」という言葉を思い浮かべることにしよう。

画像


画像


スコットランドの標章
画像


画像


歌の風景 少年時代の風あざみ

ひっそりと咲く夏アザミ 春から秋までの路傍の花

この記事へのコメント