2110 ウクライナ住民とロシア兵士の攻防『ひまわり』の街で

      ロシア軍のウクライナ侵攻に関して、春江一也『プラハの春』(集英社文庫)で紹介されたものと似た動きがウクライナ国内で起きているという。プラハの春は、54年前の1968年に中欧チェコスロヴァキア(現在はチェコとスロヴァキアに分離)で起きた民主化の動きで、当時のソ連(ロシア)はワルシャワ条約機構軍を投入して軍事侵攻、自由化を求める運動を圧殺した。同書によると、やってきたソ連兵士に対しチェ…

続きを読む

2109 何を語る戦争の絵 ロシアのウクライナ侵攻

          「私は一人なの。どうしたらいいの!」。ロシア軍がウクライナに軍事侵攻したニュース映像で、こう叫びながら避難する女性の姿を見ました。侵攻を命令したプーチン大統領は、こうした市民のことは虫けら同様に思っているのかもしれません。国際社会を揺るがすニュースを見ながら、これまで見てきた5人の画家による戦争にまつわる絵のことが頭に浮かんできました。このうちの1枚は、ロシア生まれで西側で…

続きを読む

2108 ウクライナへのウイルスばらまき ロシア・プーチンの行く末

      ロシアのプーチン大統領が今日22日、ウクライナ東部のドネツク州とルガンスク州にある親ロシア組織が名乗る、州名と同じ名前の「人民共和国」の独立を承認する大統領令に署名した。驚くべき独善的政策と言える。この問題で開かれた国連安保理の緊急会合でウクライナの国連大使が語った「国連はロシアがばらまくウイルスに毒されている」という発言は、的を射たものだ。国際社会にとって、ロシア・ウイルスを克服…

続きを読む

2107 人は何で生きるか 天才少女の挫折とトルストイ

      ロシアの文豪、レフ・トルストイの短編『人は何で生きるか』(中村白葉訳・新潮社『世界名作選』は、民話を通じて、人の生き方を描いたものだ。ドーピング疑惑の中で出場し、暫定4位に終わった女子フィギュアのロシア、カミラ・ワリエワ(15)の騒ぎを見ていて、ついこの民話を思い出し、読み返した。そこには興味あることが書かれていた。  この短編は、以下のような内容だ。貧しい靴職人セミョーンは、秋…

続きを読む

2106虹を見た朝に 自然との対話/五輪をめぐって

      今朝8時前、短い時間でしたが、調整池の向こう側に「冬の虹」が立ちました。短い時間と書いた通り、私が歩いている間の5分程度で消えてしまいました。まさに「冬の虹消えむとしたるとき気づく」(安住敦)の句通りの、幻のような虹でした。その間、周辺は霰(あられ)が舞っていました。冬の虹は何を語るのでしょうか。光の春が近づく中で、世界では不穏なことが続いています。きょうのブログは、こうした世界の…

続きを読む

2105 スポーツの爽やかさどこへ 失望の北京五輪

     「スポーツの爽やかさはどこにいった。つまらない大会だ」。世界でオミクロン株によるコロナ禍が爆発状態のさ中に開催中の北京冬季五輪を見ていて、こんなふうに感じている。なぜだろう。それには、日本選手が絡んだ2の競技が絡んでいると私は思うのだ。五輪は曲がり角に立っていると断言してもいい。2つの競技とは……。今大会から採用されたスキージャンプ混合団体とフィギュアスケート団体――である。この2つ…

続きを読む

2104 現実と幻想の世界と『銀河鉄道の夜』再読・幸せとは

      最近、オンラインの講演を聴く機会が増えている。大学や団体などが主催したさまざま講演会はコロナ禍の中、外出をしないでもパソコンを使って話を聴くことができるので、利用している人はかなりいるだろう。そんな中、先日は天文学者、谷口義明氏(放送大学教授)の「イーハトーブの星空で宮沢賢治と銀河鉄道に乗る」と題した講演を聴き、あらためて『銀河鉄道の夜』を読み直した。この童話のラスト近くで「本当の…

続きを読む

2103 2月生まれの感覚 寒い朝でも……

      このごろは、夜明け前の東の空を見上げるのが楽しみだ。明けの明星(金星)が輝いているからだ。「いつせいに春の星座となりにけり」(黒田杏子)という句がある。今日は立春。この日が来ると、黒田の句のように昨日までは冬の星座だったものが、今日からは春の星座へと変化し、明けの明星の輝きも春の足音を告げてくれるように思えるのだ。  先日まではこの星の近くに、三日月が見えた。夜明け前の空を競うよ…

続きを読む

2102 ジェンナーと華岡青洲と 医学の進歩と人体実験の被験者たち

    新型コロナに関して、日本でも3回目のワクチン接種が始まっている。このワクチンの開発に当たっても治験(国の承認前の薬剤を患者や健康な人に投与し、安全性と有効性を確かめるための試験のことで、新薬開発のための治療を兼ねた試験を言う)という人体実験が実施され、安全性が十分確立された上で接種が認められたのだと思う。私も近く3回目の接種を受けるのを機会に、医学と人体実験について考えて…

続きを読む