1913「 シンプルに生きる日々」 作家のような心境にはなれない

IMG_0541.jpg
 この時代をどう見るか。それは世代によっても、これまでの人生経験でも違うかもしれない。コロナ禍が世界各国で日々拡大し、死者が増え続ける事態に人類が試練に直面していると思う。私のこうした焦りは、戦争という修羅場を体験していないのが原因なのだろうか。作家の沢木耕太郎は「みんながこの状況を過度に恐れすぎている」と、「Yahoo!ニュース 特集編集部」のインタビューで答えている。だが、私は沢木のような心境にはなれない。

 沢木がインタビューに答えたニュースを読んだ。『深夜特急』でノンフィクション作家としてデビューした沢木は、この分野だけでなく小説も手掛け、幅広い活動を続けている。冒頭の言葉の背景には、『深夜特急』の旅があるという。インドという混沌の国を歩いた沢木は、同書で以下のように書いている。「そのうちに、私にも単なる諦めとは違う妙な度胸がついてきた。天然痘ばかりでなく、コレラやペストといった流行り病がいくら猖獗(しょうけつ)を窮め、たとえ何十万人が死んだとしても、それ以上の数の人間が生まれてくる。そうやって、何千年もの間インドの人々は暮らしてきたのだ。この土地に足を踏み入れた以上、私にしたところで、その何十万人のうちのひとりにならないとも限らない。だがしかし、その時はその病気に『縁』があったと思うべきなのだ」

 コロナ禍の中で、沢木は仕事中心の生活を送っていると述べた後「語弊があるかもしれませんが、ごくごくシンプルに、大したことではないんじゃないかなと思う」「仮に僕が、この新型ウイルスにかかってしまい、重症化して死ぬことがあったとしても、それは病気に『縁』があっただけだと思うわけです」と、質問に答えている。沢木は「もしかかってしまったとしたら、ちょっと予定より早いかもしれないけど、70代までは生きることができたし、人生を十分楽しませてもらったんだから、何の文句もありません」とも話している。

 これらの言葉から、自分の道を貫いてきた沢木の自信とある種の諦観を感じる。同時に、論語の「朝(あした)に道(みち)を聞(き)かば夕(ゆう)べに死(し)すとも可(か)なり」(朝、真理を聞くことができれば、その日の夕方に死んでも悔いはない)という言葉を想起するのだ。いまさらじたばたしても仕方がないということだろうが、ちょっと格好が良すぎる印象がある。私といえば、コロナ禍以前とそう変わらず、年相応の日々を送っている。とはいえ、新聞やテレビで毎日コロナ禍のニュースを見ていると、やはりじたばたしてしまう。この暑さの中で、散歩中もマスクも取ることができない。沢木のクールさを見習う必要があるのかもしれない。

 そんな日常、北海道・帯広の開拓に取り組んだ晩成社をテーマにした乃南アサの『チーム・オベリベリ 』(講談社)を読んだ。過酷な状況の中で生き抜く人々を描いた長編で、今年これまで読んだ本の中でベスト1だと思う。コロナ禍の時代だからこそ、多くの人に読んでほしいと思う作品だ。ちなみに帯広・六花亭製菓の有名な菓子「マルセイバターサンド」は晩成社が商品化したバターの名前が由来だそうだ。

 関連ブログ↓

 1676 思い出の花を求めて 乃南アサ『六月の雪』

 1706 戦争を憎む強いまなざし 最近読んだ3冊の本

 1108 出会いの瞬間が大切 本間秀夫写真集「純白の貴婦人 オオバナノエンレイソウ」を見る

この記事へのコメント

  • khoo-mitsu


    昔は「人生50年」
    確かに還暦以降はご褒美の年代なのでしょうが、
    まだまだ先は長いでしょう。と思います。
    人間、幾つになっても死への苦脳があるのが当たり前ですが、命あるだけ儲けものの時間だと思えば気が楽になるのかもしれませんね。

    だから、沢木さんは「今その瞬間を楽しむ」コツを知っているのでしょう。
    今日生きて明日も生きていればそれだけ何か発見できますから……悪いことも良いことだったりしますからね。

    良い情報いただきました。
    早速、乃南アサの『チーム・オベリベリ 』(講談社)を読んでみます。
    2020年08月07日 10:44
  • 遊歩

    元同僚の訃報が届く度に、人間の生死を考えさせられます。沢木氏のような心境に達することができるればいいのですが……。『チーム・オベリベリ 』はかなり厚い本です。私は一気に読みました。
    2020年08月07日 14:41