1912 電動でもペダルを漕いで! 2020年夏の小話

 
IMG_0544.jpg
「電動自転車というのに、ペダルを漕がないと動かないのかねえ?」
「乗るだけでは動きませんよ。バッテリーのスイッチを入れ、ペダルを漕ぐ必要があります」
 このところ急速に普及している、いわゆる「電動自転車」をめぐる落語のような話を聞きました。新型コロナによって暗いニュースが続く中での笑い話のようにも思えますが、私自身の失敗を思い出させるやり取りでもありました。

 先日のことです。ことし購入した電動自転車を点検してもらうため、自転車店に行きました。私の前に同じ電動自転車を押した高齢の男性が入って行き、店の人とやり取りを始めましたので、私の耳にも入ったのです。電動自転車は正しくは電動アシスト自転車といい、充電式のバッテリーを搭載し、ペダルを漕ぐ力を手助けしてくれるますので、走行が普通の自転車よりかなり楽になっています。そして、高齢の客と自転車店の店員のやり取りは次のように続いたのです。(以下、客と店で表記)

 客「電動というからには、何もしなくとも動くと思っていたんだ。でも、動かないからペダルを漕いでみたら、重くてねえ。普通の自転車より疲れるよ」
 店「それはバッテリーのスイッチを入れないからですよ。スイッチを入れてからペダルを漕ぐと、軽く進みますよ。お客様。ここのスイッチは入れていましたか。(ハンドル左側のバッテリーの電源スイッチのこと)入れてない! ほら、この電源を押してペダルを漕ぐと楽になりますよ」
 客「この自転車を買ってから1カ月経つけど、走るのに重くて大変だった。ペダルを漕がなくてもバイクや車のように進むのかと思っていたよ。そうかい……。なるほどねえ。私はこのスイッチを入れなくとも、自転車に乗れば勝手に動いてくれると思っていたよ。なーんだ。じゃあ、やはり車の方がよかったなあ」
 店「お客様がお買いになる時、詳しく説明したはずですが、電動といっても、あくまでペダルを漕ぐ力をバッテリーが助けてくれるのです。ですから下り坂は別にして、ほかでは漕がないと進まないのです」
 客「80歳になったので、運転免許を返上し、この自転車を買ったんだ。でも、重くてねえ。遠出もできないので、おかしいと思っていたんだ。」
 店「電動補助も3段階ありますよ。急な登り坂ではパワーにして、平らな道は標準にセットしてください。省エネモードもありますよ」
 客「へえー。そんな機能もあるのかい。じゃあ、これから少し遠くまで行ってみるよ」

 話が終わると、おじいさんはニコニコしながら店を出て行こうとしました。この人に私は「気を付けて行ってください」と声を掛けました。電動自転車は、結構スピードが出ますので、店の方では販売する際にはかなり詳しく乗り方を説明するはずです。私も説明を聞き、乗り方の指導も受けました。ですから、あのおじいさんも聞いたはずですが、忘れてしまったのでしょうか。いずれにしろ、電動自転車はバイクや車のように動くというのは、大いなる勘違いでした。ところで、私も以前、エアコンのことで恥ずかしい勘違いをしたことがあります。それはこんな失敗でした。

 フィルターの掃除機能付きのエアコンは今では珍しくありませんが、この機能付きのエアコンが初めて発売されたのはいまから15年前のことです。私がたまたま古くなったリビングのエアコンを買い替えた時、この製品にしたのです。そして、このエアコンなら掃除は不要と思い込み、その後長い間内部を掃除しなかったのです。詳しくは後段のリンク「482 お掃除エアコンの勘違い CMを信じ恥ずかしい体験」に譲りますが、4年後にフィルターの掃除機能付きでも時々はエアコンユニットの掃除が必要だと聞いたのです。慌てて中を開けてみますと、驚くほどのほこりとごみがたまっていました。購入当時、詳しく説明を聞いた記憶がなく、説明書も真剣に読まなかったため、人が聞いたら笑えるような失敗をしてしまったのでしょうね。

 さて、あのおじいさんは電動自転車の乗り方をマスターしたでしょうか。この街に住んでいるはずですから、いずれはすいすいと自転車を楽しむ姿に出会うかもしれません。


 
IMG_0547.jpg


写真1、赤い芙蓉のハナ 2、もう咲いた彼岸花(品種改良で7月に咲くものもあるそうだ)

 関連ブログ↓

482 お掃除エアコンの勘違い CMを信じ恥ずかしい体験




この記事へのコメント

  • Khoo-mitsu

    電動自転車じゃないけれど……
    自分にも多々身に覚えがあります。
    サイドミラーやバックミラーに焦点を合わせるのに時間を感じる時。おそらく、コンマ数秒の世界。
    「あれ、おかしいな、時間かかるぞ」と思ったのが40代、そのうち、その時間も気にならなくなり、サイドミラーもバックミラーも見る頻度も少なくなったような気がします。

    また、いろいろ思い出してみると赤面です。
    買い物駐車場に車を停めて、いざ、下りてみると斜めにとまってしまっていたりするのが60代。
    歳を重ねると確実に感覚器官が「無限耳鼻舌身意」状態に近づいて、少しずつ鈍ってくるのかもしれませんね。

    交通機関の発達していない地方での車は必需品です。
    しかし、困ったもので勘違い逆走がいくらニュースで流れても他人のそらごとですね。
    今回の出来事を聞いてあらためて、、、、、、
    「うっかり・ヒヤッと・ハッと」ですね。
    動力あるものは、刃物と同じ危険物なので注意して運転するように気を付けなければなりませんね。出かける前に意識して交通安全しなければならないことを気づかせてくれました。
    ありがとうございました。

    でも、老人力を意識してこれからも行動範囲を広げてまいりましょうぞ!




    2020年08月04日 23:03
  • 遊歩

    たしかに、人は年老いると、様々な勘違い、失敗をします。それは当然なことです。でも、それらをできるだけ許容する社会で会ってほしいと思います。(重大な人身事故となる運転ミスはだめですが)

    同時に、このような未知のウイルスと対峙するためには、政治は叡智を結集しなければならないのに、足の引っ張り合い、責任逃れを繰り返しているように見えて残念です。

    一方で、私の人生でこうした危機に遭遇したことで、人間とは本当に弱い存在だと思い知り、勉強になっています。コロナが収束するのはいつになるのか分かりませんが、できるだけ冷静に見つめたいと思います。
    2020年08月05日 21:07