1896 地図の旅、札幌へ そこはアカシアの季節

IMG_0029.jpg
 地図を見ながら想像の旅を続けている。山形を出発した旅は九州へと移り、さらに沖縄を経てヨーロッパまで行った。今回はヨーロッパから帰国し、北海道へと歩を進める。想像の旅だから、強行軍でも疲れることはない。札幌の知人のフェースブックを見ていたら、「アカシアの季節」という文字が飛び込んできた。そうか、あの白い花が札幌の街を包んでいるのかと想像した。新型コロナの感染者は東京と北海道で連日発生している。遠い空の下で、知人たちはどのような生活を送っているのだろう。

 私はこれまでの人生で2回、合わせて3年半札幌で暮らしたことがある。地名を聞くと、ある程度はどのあたりかを想像することができる。「陽気で人なつっこく進歩的」が北海道人の気質だそうで、そうした人たちと知り合いになり、北海道は第二の故郷と自称している。人だけでなく、自然にも魅了された。アカシア(アカシヤとも表記)の花もその一つだった。

 知人はフェースブックに「アカシアの季節」と題しこの花の2枚の写真とともに以下のような文を載せている。「一気にアカシアの花が咲いた。初夏の訪れ。風薫り、リラ冷えはもうない。何故か花房が小さい。かつては手に取ると肘にかかるほど豊かだったが、今、手のひらに載ってしまう。これも温暖化のせい?……の花が咲いてた「この道」、……の花の下で「赤いハンカチ」、……の雨に打たれて「アカシアの雨がやむ時」……記憶に刻まれた歌、歌……その季節に浸る」。詩的で素敵な文章だ。

 私もアザミの花の写真を提供した『メロディに咲いた花たち』(三和書籍)という本にも当然、アカシアの花を歌った曲が載っている。四季折々の花の写真とともに、456の曲(童謡・唱歌・民謡・歌謡曲など)の歌詞、作詞者、作曲者、歌い手、発表年が出ており、頁をめくると、そのメロディが浮かんでくるのである。「夏・アカシア」編では知人が書いた3曲の歌詞と3枚の写真があり、このほかにアカシアを歌った主な歌として「恋の町札幌」(歌、石原裕次郎)、「acacia」(松任谷由美)、「アカシア」(レミオロメン)の3曲を紹介している。ちなみに「acacia」の歌詞にはアカシアという言葉はなく替わりに「銀の花」と歌われている。
 
 この本には「単にアカシアといえば黄色い花」という短い解説も載っている。「わが国で歌に歌われているアカシアの多くは、マメ科の白いニセアカシア(針槐=はりえんじゅ)の花。本来のアカシアは、房アカシア、銀葉アカシア(別名ミモザでわが家の庭にもある)、丸葉アカシアなどの黄色い花を咲かせるネムノキ亜科の植物。年代的に先に輸入された針槐をアカシアと呼んでいたので、後から輸入されたアカシアと区別するため“ニセ”を付したもの」。清岡卓行は芥川賞を受賞した『アカシヤの大連』の中で、ニセという冠を付けたことを批判している。「どこかの愚かな博物学者がつけた名前か知らないが、にせアカシヤから『にせ』という刻印を剥ぎとって、今まで町のひとびとが呼んできた通り、彼はそこで咲き乱れている懐かしくも美しい植物を、単にアカシヤと呼ぼうと思った」と。私も清岡説に賛成だ。

 今、札幌の街は「あの悩ましく甘美な匂い、あの、純潔のうちに疼く欲望のような、あるいは逸楽のうちに回想される清らかな夢のような、どこかしら寂しげな匂いが、いっぱいに溢れたのであった」(同書)という匂いに包まれているのだろうか。

 たそがれの歩をゆるめゆく花アカシヤ 伊藤敬子

 写真1、私の住む千葉はアジサイの季節です 2、既に咲き終わったアカシアの花

 
127435832678116425106.jpg


 
IMG_0056.jpg
 

関連ブログ↓

 1873 地図で旅する コロナ禍自粛の日々に

 634 満開のニセアカシア 鳥取で自然を思う

 1518 中国の旅(5) いまは?のアカシアの大連
 
 346 中国の旅(2)幻のアカシアの大連

 1348 ミモザ咲く季節 ダンテが踏みし甃(いしだたみ)

この記事へのコメント

橋元雄二
2020年06月13日 21:08
こちら新潟も子の間咲いたかと思ったらもう終わりでした通常はアカシアとこちらでも呼びます。このアカシアの幹はとても固いので耕作放棄地にたくさん生えてやっかいものですがアカシアの花が咲き終わるとアメリカシロシトリに葉を食いつかされ木が黄色に変色して大発生するので新潟市は空から散布して駆除しようとしましたが養蜂家の大反対に合い断念したようです。時々次男の仲間達もアカシアの苗木を植える活動しています。アカシアの密は最高級のハチミツなので今は瓶詰め作業で大変忙しいようです。花が咲くと、もうそういう季節になったかと思いますね。
遊歩
2020年06月16日 12:09
北米原産の外来植物ですが、近年は全国的に野生化して在来の植生を乱すなどの理由から、日本の侵略的外来種ワースト100に選定されているようですね。また、外来生物法の「要注意外来生物リスト」の中の「別途総合的な検討を進める緑化植物」の一つにも指定されていますので、あまり歓迎されない樹木になりつつあるようです。札幌近郊の藻岩山などでもこの木が増えすぎ、森林ボランティアが伐採活動をしています。