1247 懐かしきは夕菅の花 季節の花に寄せて

画像
ことしも私の散歩コースにユウスゲ(別名、黄菅)と似た黄色い花(ヘメロカリスらしい)が咲き始めた。かつてユウスゲはそう珍しくはなかったが、都市化現象が進んだ影響で一部の地域では絶滅危惧種に指定されるほど、姿を消しているという。高原に自生し、軽井沢を代表する花といわれる。一方、ヘメロカリスはユウスゲやカンゾウ(ワスレナグサ)類を品種改良したもので、絶滅の心配はない。まだ一輪しか咲いていないが、花期はまだ続きそうだから、しばらくの間花を楽しむことができる。

「夕菅の一本足の物思ひ」(石田勝彦)

ユウスゲはユリ科の多年草で、7月から9月にかけて淡黄色の花が咲く。夕方に開いて芳香を放ち、翌日の午前中にはしぼむ。高原に自生する。(角川、俳句歳時記)しかし、乱開発のため、この花が首都圏から次第に姿を消してしまい、最近ではほとんど見かけなくなった。残念なことである。

俳句歳時記には石田勝彦の句以外にも、「夕菅のぽつん~と遠くにも」(倉田紘文)、「夕菅や叱られし日なつかしく」(伊藤敬子)、「黄菅咲く父に小さき画帳あり」(山西雅子)という3句が載っており、以前は夏の花として、そう珍しくはなかったのかもしれない。ヘメロカリスは変わった名前で、俳句歳時記には句はない。萱草(忘れ草)では「萱草が咲いてきれいな風が吹く」(大峯あきら)など、数句が紹介されている。

ユウスゲの4句を見て感じるのは、寂しさ、郷愁である。そういえば、軽井沢を愛した詩人、立原道造の最初の詩集『萱草(わすれぐさ)に寄す』の中に「ゆうすげびと」という詩がある。読んでいて、懐かしさが湧いてくるのはなぜだろう。

かなしみでなかった日の ながれる雲の下に
僕はあなたの口にする言葉をおぼえた
それはひとつの花の名であった
それは黄いろの淡いあわい花だった

僕はなんにも知ってはいなかった
なにかを知りたくて うっとりしていた
そしてときどき思うのだが 一体なにを
だれが待っているのだろうかと

昨日の風に鳴っていた 林を透いた青空に
かうばしい さびしい光の まんなかに
あの叢(くさむら)に咲いていた……そうしてきょうもその花は

思いなしだか 悔いのように~。
しかし僕は老いすぎた 若い身空で
あなたを悔いなく去らせたほどに!

この記事へのコメント

2014年06月27日 19:05
一日花の侘しさでしょうか。ユウスゲは薄暮に咲きますね。
富士山麓でもめっきり少なくなりました。トラックやバンで大勢で来て根こそぎ持っていきます。comes to the head!
遊歩
2014年06月27日 20:55
コメントありがとうございました。富士山麓でそんな状況になっているのですか。野の花は、野にあってこそ美しいのに……。残念です。