977 アジサイの花を求めて 道の駅の川沿いを彩る心の花

画像


アジサイの花を求めて、ドライブした。成田空港からそう遠くないところに多古町がある。「たこ」という地名である。道の駅に隣接した川の両側にはアジサイが植えられており、いまが見ごろになっている。町の人たちが丹精を込めて栽培をしているのだろう。見事な花がどこまでも続いていた。

萩原朔太郎は「こころ」という詩(純情小曲集)を書いた。以下はその全文だ。

こころをばなににたとへん
こころはあぢさゐの花
ももいろに咲く日はあれど
うすむらさきの思ひ出ばかりはせんなくて。

こころはまた夕闇の園生(そのお)のふきあげ
音なき音のあゆむひびきに
こころはひとつによりて悲しめども
かなしめどもあるかひなしや
ああこのこころをばなににたとへん。

こころは2人の旅びと
されど道づれのたえて物言ふことなければ
わがこころはいつもかくさびしきなり。
画像


いまの季節を詠った詩であり、梅雨に降りこめられた詩人の気持ちが伝わってくる。
画像


梅雨寒の日が続いた。午後からようやく晴れ間が見えたらと思っていると、急に暑くなった。歩いていて汗をかいたのは久しぶりだ。家に戻り、慌てて扇風機を出した。さて、この夏は酷暑なのか、しのぎやすい日が続くのか。

画像

この記事へのコメント