210 カワセミとの出会い 師走のやすらぎ

画像
宝石のヒスイの由来は、カワセミ(翡翠)なのだそうだ。それほどに、野鳥のカワセミは美しい。朝、犬の散歩をしていてこの小鳥を見かけた。散歩コースの一つである遊歩道のわきを流れる小川に沿って、きれいな色をした小鳥が飛んでいた。最近あまり見かけなかったので、一瞬何だろうと思った。そして、カワセミだと気づいた。(写真はWikipediaより)

この遊歩道は全長約2、3キロしかない。そのわきには小川が流れている。上流では夏には蛍が舞う。蛍のえさになるカワニナが生息している。犬の散歩の途中に、カワセミに出会った私だが、その小鳥はすごいスピードで上流を目指して飛んで行き、視界からすぐに消えた。

私は犬をせかして小川に沿って遊歩道を急ぐ。すると、葉を落とした雑木の枝にカワセミがとまっているのを見つけた。私と犬が近付いても飛ぼうとしない。カメラを持ち合わせていないので、目に焼きつかせようとじっくり観察していると、おじいさんと孫と思われる男の子と女の子の3人が犬を連れてやってきた。小学3、4年生と思われる女の子は何と一眼レフのカメラを持っている。

「ここにカワセミがいるよ。そおっと来てごらん」と声を掛けた。3人もカワセミを探していたらしい。「ありがとう」と少女が言い、小学6年生か中学1年生くらいの兄と思われる少年と2人で私の近くにやってきた。

「静かにすれば、逃げないよ」と私。2人は5㍍くらいまで近付き、少女はカメラを少年は携帯のカメラをカワセミに向けた。それを見て私はおじいさんとあいさつしてその場を去った。この話を妻にすると、彼女も見たいと言い出し、夕方再び同じ場所に出向いた。
画像
しかし、そこにはカワセミの姿はなかった。「下流の方に行ったのかもしれないな」と話しながら2、3分歩くと何と小川の岩の上に止まっているではないか。今度はカメラを持参した。一眼レフではないのでうまく写らない。何度か挑戦しているうちにカワセミもあきれたのか、飛んで行ってしまった。ところが、さらに下流に歩いていくと、別のカワセミがのんびりと羽根を休ませているのが目に入った。

画像
東京の町田市や日野市、神奈川県藤沢市など、都会の市が市の鳥に選んでいるのだから、そう珍しい鳥ではないようだ。宮沢賢治の「やまなし」という短編童話にはカワセミが魚を殺生する場面もある。そういえば、私の目の前でカワセミは小川にくちばしを突っ込み、何かをくわえていた。小川に生息する魚を食べたのだろう。美しい小鳥でも生存のためには、殺生をする。それが自然界の摂理なのだ。写真は予想通り、うまく写っていなかった。

これは後日撮影した梅の木に止まったカワセミ。
画像

この記事へのコメント

  • 今年も教えて頂くことが多かったです。
    ありがとうございます。
    今年はひょんなことから某新聞に投稿する機会があり、大幅に超過した原稿を記者さんがどのようにダイジェストするか、学びました。
    おこがましいですが、けやきの遊歩道さんの簡潔な文章も職業柄とお見受けしました。

    どうぞよいお年をお迎えください。
    そして来年もどうぞよろしくお願いします。
    2007年12月29日 11:20
  • メンバラ

    はじめまして。
    たまたま今日のアップがカワセミだったので、そのつながりで覗いてみました。
    そしたら、ゴールデンを飼っていらして、名前がhanaちゃんだそうで、わが家のゴールデンもハナというので、驚いているところです。
    2007年12月29日 20:52
  • けやきの遊歩道

    空さんへ こちらこそ、今年1年素晴らしい文章と写真に接し、楽しませていただきました。博識ぶりにいつも敬服しています。深謝。
    2007年12月30日 10:06
  • けやきの遊歩道

    メンバラさんへ どんなハナさんでしょうか。私の家のhanaは、人間が大好きなようです。果物を食べ、アイロンが苦手です。
    2007年12月30日 10:09