小径を行く

アクセスカウンタ

zoom RSS 1646 木たちの対話 新緑を競いながら

<<   作成日時 : 2018/04/17 13:19   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像
 小さな庭の中心にキンモクセイの木がある。この家に住んでことしで30年。この木も同じ時代を歩んだ。庭の外には遊歩道があり、多くの人が散歩を楽しんでいる。そこには大木になったけやき並木がある。新緑の季節。キンモクセイとけやきの若葉は、競うように太陽の光を浴びている。2つの木に心があるなら現代の世相をどう見るのだろう。今回はキンモクセイとけやきの架空対談をお届けする。(キンモクセイは「き」、けやきは「け」と表記)

 き このところ、風が強いね。けやきさん、大丈夫かい。

 け うーん。私は根を大きく張っているので、この程度の風は問題ないよ。……というのはやせ我慢さ。実はけっこう、つらいなあ。こんなに強い風でなければ、枝につけていた新芽を覆う鱗片(りんぺん)は少しずつ落とすんだがね。でも、風で飛び散ったね。

 き そういえば、庭や雨どいにもたまっているとうちの人も言っていたよ。ことしは寒い日と暖かい日が繰り返しやってくるね。これからどんな気候になるのかなあ。

 け 暖かい日は私の前を散歩する人が多いね。いろんな人がいて、話し声が聞こえてくるよ。

 き 最近はどんな話が聞こえてくるの。

 け 政治の話題が多いかなあ。でも、聞いていて嫌になることがほとんどだよ。団塊の世代らしい2人のおじさんの1人は、高橋和巳という、かなり前に亡くなった作家の話をしていたよ。何でも「最近この人の随筆集を読み直したら『さて、おもうに〈権力〉なるものには、おのれみずからを反省する鏡がない』ということが書いてあった。日本の今の政治をみていると、高橋が言う通りだと思うよ」というようなことを言っていたね。

 き そうかい。うちの人も庭に出ると、独り言を言うんだが、最近はぼやきばかりだね。

 け 若い奥さんたちも散歩しているんだけれど、財務省の事務次官という人のセクハラ発言は許されないと、大きな声で言っているのが聞こえたよ。

 き その話題はリビングのテレビの音が漏れてくるので、私も知っているよ。でも、このほかにもいろいろあるね。モリトモとかカケイとか……。これだけでなく、次から次にいろいろなことが出てくるね。一体、この国の役人といわれる人たちはどうなってしまったのかな。

 け 確かに不祥事が次々に出ているようだね。さっきの団塊の世代のおじさんは「政治家も役人も信用できない。世も末だ」と嘆いていたよ。

 き そうかい。でも、けやきさんはかわいい犬を毎日見られて楽しいんじゃないの。私の家に春休みに遊びにきていたノンちゃんという小さな犬は、飼い主と一緒に沖縄に行ってしまったので、次にいつ会えるか分からないんだよ。

 け それは残念だね。雨の人を除いて、犬を連れた人たちが散歩しているね。犬は人間に比べると寿命が短いそうだね。いつも姿を見せていた犬が、ある日から姿を見せなくなるのは寂しいね。

 き うちにも以前、大型犬のゴールデンレトリーバーがいたんだ。でも、死んでから間もなく5年になるね。この犬の遺骨は私の根元に埋葬されているんだ。だから時々この家の人がこの場所をきれいに掃除しているよ。

 け そうだったね。もう5年になるのかい。よく散歩していたよね。たしかhanaという名前の犬だったと思うけど、君の家の人は本当にかわいがっていたね。

 き そうだね。この家の主人はhanaが空の星、一等星のシリウスに帰ったと信じているみたいだよ。

 け 冬になると、私もその星をよく見るよ。そうかい、それはいい話だね。

 き 人間はいろんなことをやるんだね。この前この家の主人が、奥さんに四国巡礼の本を読んだと話しているのを聞いたよ。四国には88カ所の札所があって、全部歩いて回ると1200キロになるんだって。その本は関口尚という人の『明星に歌え』という題名で、若人が何人かで88カ所を回る内容だそうだ。関口さん自身も88カ所を歩いてこの小説を書いたらしいよ。青春群像小説というキャッチフレーズがついていて読みやすいと、主人は言っていたね。主人の知り合いには、四国巡礼とフランスからスペインのサンティアゴ・デ・コンボステラというところに向かう巡礼の道800キロの両方を歩いたという人がいるらしいよ。

 け すごいね。体と精神力ともに強い人なんだ。

 き 何でも30歳そこそこの息子さんを亡くし、息子さんの慰霊とその悲しみを忘れるために実行したそうだよ。その人に比べると、ここの家の主人はぐうたらみたいだから、そんなことはできないだろうと思うよ。あっ!雨が降り出したよ。風で運ばれてきて葉についた黄砂もこれで少し流れるかな。

 け うん、そうだね。明日は晴れるかなあ……。

 以下は関連ブログ

1185 シリウスとの対話 遥かなるhanaからのメッセージ

1193 シリウスで気付く多様な価値観  物事には光と影が

1137 hana物語 あるゴールデンレトリーバー11年の生涯(3) シリウスへの旅立ち

1156 hana物語番外編2 台風接近の中での別れ

962 新緑の季節の木との対話 悲しみ、生きることに耐えられないときは……

991 祈りの地を目指して 歩き続ける人を描いた映画「星の旅人たち」


1002 スピリチュアリティと自分探しの旅 パウロ・コエーリョの「星の巡礼」 (サンチャゴへの道)

161 南十字星を見る NZの北島にて

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
1646 木たちの対話 新緑を競いながら 小径を行く /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる