小径を行く

アクセスカウンタ

zoom RSS 927 雨から変わった夜の雪 新鮮な見慣れた風景

<<   作成日時 : 2012/01/24 22:06   >>

トラックバック 0 / コメント 2

画像

北国生まれの人間にとって雪は懐かしい存在だ。ほとんど雪が降らない首都圏にも、昨夜から未明にかけて雪が降った。「更けゆくや雨降り変はる夜の雪」(小沢碧童)。師の河東碧梧桐の通夜の句だそうだが、今回の雪はまさしくこの句の通りだった。朝になって太陽が出ると、ふだん見慣れた風景が新鮮に映った。いつもの朝よりなぜか張り切って散歩に出かけた。わが家周辺の、雪の朝の写真を掲載する。

朝の犬の散歩コースである。庭から、遊歩道に出ると、子どもたちの登校を見守ったお母さんたちが帰っていく。太陽が母親たちに「ごくろうさん」と語りかけているようだ。(写真1)

さらにはしゃぎまわる犬を連れて、調整池に行くと、後方の雑木林の木々の枝には樹氷のように、雪が張り付いている。その姿が池に映って幻想的でさえある。桜が満開のように見ることができる。(写真2)
画像



雑木林から少しだけ、赤いとんがり屋根をのぞかせているのは小学校だ。子どもたちは今朝もさっそうと遊歩道から校門へと入って行った。北海道・美瑛の有名な小学校の校舎ほどではないが、こうして見ると、けっこう雪の風景に溶け込んでいる。(写真3)
画像


調整池の遊歩道には、人間と犬の足跡が幾何学模様風に残っていた。これだけの足跡があるのに私と犬のほかは姿が見えない。早い時間に歩いた人と犬がいるのだろう。(写真4)
画像


散歩の友の犬(hana)は、大はしゃぎした後、家に戻るとこんな顔になった。もう少し歩きたかったらしいのだ。普段は家の中でほとんどごろごろとして寝ているだけだが、雪に触れると野性を取り戻したように興奮し、リード(ひも)をぐいぐい引っ張り、リードが外れて逃げ出し、私に怒られた。(写真5)
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
とても素敵なお写真が撮れましたね。
ポストカードにしたいような作品です。
新しいカメラを使われたのでしょうか・・・。

今回の私の旅行は冬の薄暗いヨーロッパだったこともあり、良い写真が撮れませんでした。
私もミラーレスの一眼レフが欲しくなりました。
園芸家
2012/01/25 20:46
ミラーレスと全自動の2つを使ったのですが、景色はミラーレスの方がきれに撮れるようです。いまの季節は、天気が悪いと撮影は難しいですね。旅行に一眼レフを持っている人を見かけますが、大きすぎるのが難点ですね
遊歩
2012/07/04 21:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
927 雨から変わった夜の雪 新鮮な見慣れた風景 小径を行く /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる