小径を行く

アクセスカウンタ

zoom RSS 856 原発事故を想起するムンクの「叫び」 北欧じゃがいも紀行・1

<<   作成日時 : 2011/09/18 20:31   >>

トラックバック 0 / コメント 2

画像

ノルウェーの首都、オスロの中心部にある国立美術館でエドヴァルド・ムンクの油絵「叫び」を見た。世の中の不幸を一身に背負ったような、独特なタッチの人物と赤く染まったフィヨルドの夕景が不気味であり、つい福島原発事故で避難を余儀なくされた人たちの姿を連想してしまった。

この絵はいまから118年前の1893年に描かれた。子どものころに母親を亡くし、さらに少年時代には姉もこの世を去ったという悲しい過去を持つムンクは、「愛」と「死」がもたらす「不安」をテーマに「生命のフリーズ」という作品群を残した。その中で「叫び」は最も知られた作品だ。以前、上野の国立西洋美術館でムンク展を見たことがあるが、あまりにも人が多くて、一つ一つの絵をじっくり味わうことはできなかった。(この展覧会には叫びは出展されなかった)

その時と比べると、オスロの方はそんなに混雑していないので、足を止めてゆっくりと絵を眺めることができる。ムンクが生きた時代のノルウェーは、スウェーデンの支配下から独立へと歩んだ。そのころ日本は明治時代であり、日露戦争でロシアを破っている。

ムンクの日記によれば、叫びは彼自身の体験を作品化したものだ。(以下、この絵に関する日記の抜粋)
《夕暮れ時、私は2人の友人と共に歩いていた。すると、突然空が血のような赤に染まり、私は立ちすくみ、疲れ果ててフェンスに寄りかかった。それは血と炎の舌が青黒いフィヨルドと街に覆い被さるようだった。友は歩き続けたが、私はそこに立ち尽くしたまま不安に震え、戦っていた。そして、自然を貫く果てしなく、終わることのない叫びを聞いた》


(オスロ国立美術館)
画像



「叫び」に関しては、様々な研究が行われている。その中で赤く染まった空は、1883年5月20日のインドネシア・クラカトア火山の大噴火と関係があるという説もある。この説を発表したのはアメリカテキサス州立大学の天体物理学者ドナルド・オルソン教授らの研究チームだ。大噴火により大津波が発生し3万6000人が亡くなったという。この大噴火で細かい粒子が上空に舞い上がり、3年にわたって世界各地で夕焼けの空が異様に赤くなる現象が観測されており、ムンクの住むオスロも例外ではなかった。オルソン教授はムンク美術館でムンクの手書きの文書に「叫びのスケッチは1884年の記憶を元に描いた」とあるの見つけたのだという。

福島の人たちをはじめ、私たちは3月11日の大きな揺れの後、世界の終わりのようなすさまじい光景を自分の目でとらえたり、テレビの映像で見た。それは、大津波がもたらした想像を超えた震えるような自然の脅威である。その結果甚大な被害が出た。原発はメルトダウンを起こし、放射性物質が福島を中心に拡散した。それはムンクの「叫び」の中の人物と同様、耳をふさぎたくなるような、不条理の出現といっていい。

震災から半年が過ぎても原発問題の解決の見通しは立たず、多くの人々が、「不安」の時を送っている。しかし、悔しくても、悲しくても、苦しくても東北の人たちは大きな叫び声は上げない。ムンクの「叫び」が共感を呼ぶのは、いつの時代でもこの世から不安や苦悩といった負の要素が消えないからなのだろうかと思う。絵画の見方は人それぞれである。「叫び」は原発事故に苦しみながらも、叫ぶことを抑えて耐え続ける人たちの姿を投影しているようで、私は複雑な思いにとらわれた。

国立美術館は、ゴッホ、モネ、ドガ、ルノワール、ゴーギャン、ロダン、ヘンリームーアの作品など多数の作品が展示され、ムンクの作品を展示した部屋をのぞいて写真撮影は原則可能。ムンクの作品が撮影禁止だったのは、5点ある叫びのうちムンク美術館の「叫び」が以前盗難に遭った影響なのだろうか。
(ルノアールの入浴の後)
画像

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
スカンジナビア半島にある北欧のデンマーク、ノルウェー、スウェーデン3カ国を訪れた。ジャガイモが料理の中心であるこの国々で毎日ジャガイモ料理を食べながら、街を歩いた。ブログで旅の模様を何回かに分けて報告する。帰ってきたら、うれしいメールがあった。親しい友人が「冬尋坊」というブログを始めたというのである。リンク先に登録をしたので、読んでいただければ幸いだ。


(ジャガイモに白身の魚のソティー)
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
しばらくブログがお休みなのは旅行中かと推察していました。北欧は今年行こうかと思っていたのでビックリ。
NHK BSで北欧特集をしていましたよね。
遊歩さんの旅を楽しみに読ませていただきます。
ところで北欧のお酒は何が美味しいのでしょう?
ジャガイモ料理には何を注文されましたか?
園芸家
2011/10/07 08:18
園芸家様
ありがとうございます。お酒はやはりビールとワインが主流のようです。寒い地域なのでウォッカも人気がありますが、ジャガイモを原料にしたアクアビットというお酒もあります。
ジャガイモ料理は、丸いままのジャガイモ(2個くらい)にグリーンピース、ニンジンを添えたサーモンや肉のソティといったものを食べました。ミートボールとマッシュポテトの盛り合わせもありました。どちらかというと、質素な印象を受けました。
遊歩
2011/10/10 18:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
856 原発事故を想起するムンクの「叫び」 北欧じゃがいも紀行・1 小径を行く /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる