小径を行く

アクセスカウンタ

help RSS 村上春樹のだまし方 「1Q84年」の不可解さ

<<   作成日時 : 2010/05/23 21:24   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 2 / コメント 0

画像
東京新聞の夕刊文化欄に「大波小波」というコラムがある。前身の「都新聞」時代から続く名物コラムといわれ、匿名で鋭い批評を載せている。

先日、このコラムに目を通した私は「村上春樹にだまされた」と思った。意味深な間違い」と題するコラムは、売れに売れている「1Q84・BOOK3」の中に出てくるスイスの心理学者、カール・ユングの記述に関し「気になる間違いを見つけた」というのだ。

BOOK3は、前作では死んだことになっている「青豆」という主人公の一人が、実は生きており、もう一人の主人公の天吾と再会し、現実の世界へ戻ったところで終わる。メフィストという仮名のコラム氏は、この青豆を追う「牛河」という男を、青豆の保護者である老婦人の用心棒・タマルが急襲して殺害する場面について疑問を投げかけるのだ。

タマルは牛河に対し「カール・ユングを知っているか」と言いながら、ユングについて説明する。ユングがスイス・チューリッヒ湖畔のボーリンゲンに建てた「塔」といわれる家の入り口には「冷たくても、冷たくなくても、神はここにいる」という文字がユング自身によって刻まれた石があると、タマルは言う。

しかし、コラムによると、事実は違うというのだ。塔の方に刻まれたのは「フィレモンの聖域―ファストの贖罪」という言葉だった。ユングが家族と暮らしたキュスナハトの家の扉には「冷たくても・・・」とやや似ている「呼ばれても、呼ばれなくても 神はいる」という言葉があるそうだ。ユングを知る人ならこれは常識らしい。

コラム氏は「『冷たくても、冷たくなくても』などという表現は、ラテン語の原文から出てきようがない。こんなミスをユング派の村上春樹がなぜ犯すのか。考えうるのは、これが異世界『1Q84』のユングとして、故意に歪められているということだ。もしそうだとしたら、つくづく彼は食えない作家だ」と結んでいる。

私が目を通した限り、文芸評論家あるいは新聞の文化・学芸部の記者たちの「1Q84」に対する書評は好意的だ。次のノーベル文学賞の候補は日本では村上春樹ぐらいといわれるし、衰え続ける「活字文化」を支えている有力作家でもある。好意的書評は、そんな背景があるのだろうか。

このコラム氏の指摘が正しければ村上春樹は読者をひっかけようとしたのかもしれない。あるいは甘く見たのか。しかし、ユングという実在の人物について記述する以上、作り話はなじまないと思う。村上春樹という当代を代表する作家の作品に出てくるのだから、この言葉はそのままユングの言葉として定着してしまう恐れがある。

私はユングのことはほとんど知らない。コラムが正確なのか、村上春樹の表現の方が正しいのかよく分からないが、作り話にしてもタマルが牛河を殺害するシーンの言葉としてはうまくできている。こんな哲学的表現をする用心棒・殺し屋もいるのかと思う。これが村上春樹の世界なのかもしれない。

(以下は、昨年村上があるインタビューで、答えた記事。これを読むと、ユングの言葉として、別のものを入れ替えた理由が理解できるのだが)

―実際、僕の仕事は嘘をつくことなんです。現実に色を添えること、想像豊かであること、人を楽しませること。もしかしたらそれは僕の人格の一 部かもしれません。
 現実を別の形で表現すること。フィクションは"大いなる嘘"です。そのことを忘れてはなりません。小説を書くとき、僕はできるだけ上手に嘘 をつかなくてはならない。"偽のレンガで真実の壁を築くこと"、それが僕の仕事です。―

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
村上春樹 『1Q84』(小説)
&amp;nbsp;村上春樹の『1Q84』、読まれましたか?あんなに売れるなんて不思議です。あれ、けっこう難解ですよね。まあ、小説なんて、作家の意図なんてわからなくてもそれぞれが楽しめばいいんですけどね。 あの小説のなかで、ストーリーとは直接関係ないけど気になる言葉があったのです。 ...続きを見る
エクール・ブログ 京都橘大学通信教育課程
2011/07/27 16:08
村上春樹 『1Q84』(小説)
&amp;nbsp;村上春樹の『1Q84』、読まれましたか?あんなに売れるなんて不思議です。あれ、けっこう難解ですよね。まあ、小説なんて、作家の意図なんてわからなくてもそれぞれが楽しめばいいんですけどね。 あの小説のなかで、ストーリーとは直接関係ないけど気になる言葉があったのです。 ...続きを見る
エクール・ブログ 京都橘大学通信教育課程
2011/07/27 16:52

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
村上春樹のだまし方 「1Q84年」の不可解さ 小径を行く /BIGLOBEウェブリブログ
[ ]