小径を行く

アクセスカウンタ

zoom RSS 515 巨匠の国は落書き天国 スペイン・ポルトガルの旅(2)

<<   作成日時 : 2009/09/18 20:50   >>

トラックバック 2 / コメント 0

画像
ピカソの「ゲルニカ」という大作の前からなかなか立ち去ることができなかった。マドリードのソフィア王妃芸術センター2階にこの作品は展示されている。縦3・5メートル、横7・8メートルの巨大なものだ。(市内で見かけたユニークな落書き)

スペイン内戦の際にフランコ将軍側を支援したナチスドイツが小都市ゲルニカを無差別に空爆した。その報を聞いたピカソが怒りの意思を込めて描いたとされる絵だ。死んだ子を抱きながら泣いている母親や天に救いを求める人、狂ったようにいなないている様子の馬など、絵全体からは戦争の悲惨さが伝わる。スペインにはこのピカソをはじめ、ゴヤ、エル・グレコ、レンブラント、ベラスケスと、絵画の天才、巨匠が多い。そんな絵画の国で、あらゆる場所で落書きが目に付いた。スペインは「落書き天国」といっても過言ではない。

スペイン第二の都市は、バルセロナだ。この街の高台にあるガウディ設計のグエル公園に行く途中、落書きを自由にさせるという通りがあった。その通りのわきには、長い壁が続いており、いろいろな落書きが書かれている。落書きのコンテストをやっているようなものなのだ。ほかの場所のものに比べれば、質も高いように思える。

それにしても、スペインの街は落書きが多い。出来立てのビルの壁やシャッターに堂々と様々な落書きが書かれている。空きビルの多くはそうした被害を受けており、各地で見かけた落書きにはほとんど芸術性はないようだった。芸術センターやプラド美術館を案内してくれたガイドさんは「ピカソの絵は子どもの落書きみたいに見えるかもしれませんね」と冗談を言っていたが、落書きの書き手の中には、将来大画家になる可能性を秘めた人がいるのだろうか。

プラド美術館にはゴヤが描いた「黒い絵」といわれる14枚の絵があった。「我が子を食らうサトゥルヌス」など、怪奇な作品の連続だ。40歳を過ぎて、油が乗り切ったときに病気で聴力を失ったゴヤは、その後代表作といわれる作品を次々に描いていく。「裸のマハ」や「着衣のマハ」のような女性の絵も描いた半面で「マドリード」という戦争の絵のほかに、黒い絵シリーズも描いた。

ガイドさんは「聴力を失ったゴヤの狂気の作品です」と説明した。黒い絵シリーズは、1820年から1823年にかけて住んだ「聾者の家」という別荘のサロンや食堂の壁に描いたと伝わる。しかし、こうした怪奇な作品を見ながら食事をしたとしたら、ゴヤという人物のスケールは並外れて大きい。その発想力、表現力は私の想像の範囲を超えている。
画像
(ピカソのゲルニカ)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
美の名言
『美の名言』人名五十音順索引 ...続きを見る
美の名言
2009/09/30 07:48
絵画で読むグレコのスペイン
絵画で読むグレコのスペイン ...続きを見る
忍者大好きいななさむ書房
2009/09/30 15:02

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
515 巨匠の国は落書き天国 スペイン・ポルトガルの旅(2) 小径を行く /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる